So-net無料ブログ作成
検索選択

33日目 五所川原市十三湖から中泊町小泊まで

121103_2103~010001.jpg
お天気は 雨こそ降りませんでしたが
昼間から夕方みたいにどんより暗い曇り空
風は昨日と同様 強く吹きます

明日の龍飛崎へのきつい山登りに備え
明日の歩く距離をできるだけ短くするため
龍飛崎寄りの近い所に宿を取りたかったのですが
龍飛崎から24kmの小泊港にしか宿がありません
仕方なく十三湖からわずか13kmが今日の行程となりました

途中 国道の維持管理をしている現場監督さんに
龍飛崎までの道路についてアドバイスをいただきました

龍飛崎寄りの20kmは 集落なし 売店なし 自販機なし とのこと
予想していたとおりの厳しさで
沖縄本島を歩いたときのことを思い出しました

明日用のパンを買っておきました

今日の一枚は小泊港に泊まっていた「いか釣り船」です
強風で 今日の漁はお休みのようです

明日はいよいよ龍飛崎へのゴールの日です
お天気が荒れないことを祈りたいです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

32日目 五所川原市金木から五所川原市十三湖まで

121103_1036~010001.jpg
津軽鉄道の始発に乗り 昨日の金木まで戻りました
この列車は2輛編成でしたが 運転士と車掌のほかは
お客は私ひとりで金木まで貸し切り状態でした

今日の天気予報は「暴風警報・大雨警報」
これが的中し 猛烈な風が 前から横から後ろから
廻りは 広い田んぼで 風を遮るものがなく
電柱の陰に隠れないと 立っていられない状態もしばしばです
台風のとき テレビの新人アナウンサーが雨風に打たれながら
現場からレポートしている 気の毒なシーンを思い出しました

そんな状態が2時間ほど続いた頃
だんだんと手先や上半身が冷えてきました
冬用の手袋帽子をまだ買っていなかったので
このままだんだんと田舎の方に進み
店があるような町に出会わなかったらまずいぞと思いながら歩いていると
ちょうど衣料品も売っているようなスーパーがありました
まだ開店前でしたが 9時まで待ち やっと 手袋 帽子
加えて 長袖のシャツ二枚 ネックウオーマーを買いました

試着カーテンの中で全部着込んで ホットしました

この後も風と雨の強さは変わらず
雨が顔に当たり痛かったです

こんな天気なので外を歩いている人は一人もいないので
地元のひととの会話もありません

2時頃 道の駅で スタッフの方に親切にしていただき
今日の宿への近道を教えていただきました

これまでの歩き旅の中で 「最も厳しい天気」の一日になりました

今日の一枚は「暴風大雨警報」です
吹き飛ばされそうでした
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。